神様くまと因幡さんの御朱印日記(11月24日)

こんばんは!僕、因幡さんです(о´∀`о)

思い起こすのは今から少し前のこと。

tantan夫が往復はがきを手にtantanと僕たちを集めて言いました。

『いいか?お前たち。櫻木神社でいい夫婦限定御朱印帳セット(正確にはいい夫婦・いいカップル限定御朱印帳セット)の抽選申し込みが始まった。申込は往復はがきのみ!抽選で当たれば頂けるってセットだ!申し込んで当たれば神様も認めるいい夫婦って事だけど……もし当たらなかったら……』(tantan夫)

え?当たらなかったら?!

『その時はいい夫婦と認められないってことだ。その時は離婚だな……全員で当たるようにちゃんと祈っておくんだな。はっはっは』(tantan夫)

ええええええ?!それは飛躍し過ぎじゃないの?!

『あ……あの……募集は2回あるみたいです。もしもの時は2回目の応募もアリでしょうか??』(シロ)

アリですよね?!アリって言え!この、極端男め!!

完全に固まってるtantanはあてにならないので僕たちは必死に掛け合いました。

ええ、かなり必死で。

『それは神のみぞ知るってやつだ。どうなるか見ものだな。はーっはっはっは』(tantan夫)

そう言ってtantan夫は往復はがきを手に会社へと出掛けて行きました……

完全に固まってるtantanをおいて( ;∀;)

『これはまずいぞ、因幡さん。わし達でなんとかするんじゃ』(くま)

『そうですよ。当たらなかったら一大事です!』(シロ)

tantan!しっかりして!!!僕たちと一緒に当たるように念じるよ!

『う、うん。因幡さん』(tantan)

じゃあ、みんな、僕に続いてね。

きぇーーーーーーーーー!!

『きぇーーーーーーーーー!!』(tantan・くま・シロ)

あーたーれーーーーーー!!

『あーたーれーーーーーー!!』(tantan・くま・シロ)

↑これを30分続けました。お隣さんから苦情が来なくて良かったです_:(´ཀ`」 ∠):

そんなこんなで祈り続けた結果、後日、抽選に当たって引換券となった葉書が戻って来ました。

つまり。全ては僕のお陰です(о´∀`о)

※↑は因幡さんが少しだけ話を盛ってますε-(´∀`; ) (tantan)

そうしてやって来た櫻木神社。

今日も七五三の参拝客で賑わっていました。

この季節に咲く七五三桜。境内のあちらこちらで小さな花を咲かせていました。

『桜綺麗だね、因幡さん』(tantan)

そうだね、tantan

僕とtantanが桜を眺めているとtantan夫がtantanを呼びに来ました。

『ほら、一緒に受け取りに行くよ』(tantan夫)

せっかく当てたいい夫婦限定御朱印帳セットだから一緒に行って来なよ、tantan。

僕が気を利かせてそう言うと、

『因幡さんたちが当ててくれたんだからみんなで行こうよ』(tantan)

と言われてみんなで受け取りに行きました!

『これが当てたセットなんですね』(シロ)

『2枚組の御朱印とトートバッグ、お守り、ご朱印帳じゃな』(くま)

5000円札でお支払いするとお釣が1122(いい夫婦)円という拘りです。この二枚組の御朱印だけは応募なしでも11月30日まで頒布予定です。詳しくは公式HPを見て下さいね。

『因幡さーん、くま様!ペコちゃんとアトムがいます!』(シロ)ご祈祷者控え室の前にペコちゃんとアトムがいました。ポコちゃんはいないのかな??

近くのベンチには撮影用なのか、ドラえもんとキティちゃんがいました。このお二人。。。

かなりデカイです!!!

どれくらいだって??こーーーんなに!大きいです!!

『わし、正面向けないんじゃ。キティさんはレディだから脚は大きく開かないんじゃな』(くま)『僕も僕も!!!とーーーっても大きいです!!!』(シロ)

あ……シロ……。ドラえもんで撮れば良かったのに……大きな干支の絵馬は来年の亥に変わってました。

来年も良い年になりますように。

tantanとtantan夫の夫婦仲も守られたし、今日は参拝しに来られて良かったです(*´꒳`*)

あ!!!

いつものお願い、ちゃんと川屋神社にしてから帰らなきゃ!!

“tantanの女子力が、マイナスからゼロになりますように!!!”

以上、因幡さんでした!!!

ブログランキング

ブログランキングに参加してみました。応援クリックして貰えたらとても嬉しいです♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク